日本の伝統文化・芸能を担う和もの人自身が発信するWEBメディア
更新情報を受け取る メルマガ登録
終了|2017/05/27(土)14:00〜

今、もっとも輝く実力派の舞踊家が集う!国立劇場主催「名作 歌舞伎舞踊」

江戸時代から伝わるおおらかで華やかな舞踊の数々

みなさまこんにちは、日本舞踊家の藤間恵都子です。今回は、国立劇場主催の舞踊公演「名作 歌舞伎舞踊」のご案内です。

この公演は、江戸の大らかさを色濃く残している歌舞伎舞踊(かぶきぶよう:歌舞伎の舞踊演目から独立するなど、歌舞伎から派生した舞踊)を集めた公演です。
出演はおなじみの舞踊家たち。西川箕乃助さん、市川ぼたんさん、若柳吉蔵さん、市山松扇さん、花柳基さん、水木佑歌さん、花柳寿楽さん。今、最も充実している日本舞踊家たちです!

日本舞踊には本当に沢山の魅力があります。私は“間(ま)”の魅力がたまらなく好きですし、ある人は、江戸人になり切れるのが好きといいます。

歌舞伎はもともと、江戸時代の庶民の娯楽として多くの人に親しまれ、伝わって来たもの。みなさまにも、リラックスして舞台に広がる幻想的な世界を楽しみ、日本舞踊の魅力を発掘して頂きたいと思います!是非!!会場にお越しくださいませ。

チラシ裏


◎これぞにっぽん! 長唄「正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)」

曽我兄弟の仇討ち(あだうち)を題材にした踊りです。兄の十郎に後れをとり、焦って敵陣に乗り込もうとする弟・五郎を、「止めた~」と艶っぽくもキリリっと止める女性・舞鶴。「離せ~」と豪快なわんぱく小僧・五郎との引っ張り合い・・・・
まあ、お話は単純ではありますが、大きな富士山を背景に“これぞ、にっぽん!!”の風情の舞台です。


◎雷つづき? 清元(きよもと)「流星(りゅうせい)」&常磐津(ときわづ)「雷船頭(かみなりせんどう)」

七夕と言えば、一年に一度、彦星と織姫が待ちに待ったデートの日。それなのに何とも無粋!
「ご注進 ご注進~~(今ならニュースニュース!!と言ったところ?)」と 夜這い星がやって来ます。かみなり夫婦が大喧嘩、その様子をご注進に。夫婦、子供に婆かみなりまで、一人で4役を踊り分け、言いたい事が終わった暁には、じゃ、さよなら・・・と、又雲に乗って大空へ・・・

次は雷続きで、「雷船頭」。
大川というのは今の隅田川。その川岸に船頭が客待ちしていると、俄雨に落っこちた雷一匹。江戸じゃ、相撲取り、火消、に並ぶ人気者の粋な船頭と無粋な雷のやり取りが、実に面白い作品です。


◎踊る錦絵! 常磐津「積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)」

今公演の大切りは、常磐津節の大曲 通称「関の扉(せきのと)」です。
本来は歌舞伎狂言の中の一場面なのです。お家騒動などの複雑な筋が絡んで、ちょっとややこしいというか、あまり筋は判然としないのですが・・・。

ここは逢坂の関。真冬なのに何故か櫻(さくら)がさいています。登場人物は、六歌仙で名高い大伴黒主。ここでは天下をねらう大罪人になっています。
前半は、この人物を軸に、良岑宗貞(よしみねむねさだ)(のちの僧正 遍照(そうじょう へんじょう))と小野小町が絡みます。 百人一首の世界では振られている遍照と小町は、ここでは元恋人・・・。この恋人たちのやり取りの中で、悪だくみの様子をちょいっとのぞかせて・・・・ムフフ、とさりげなく去っていく黒主。

私は今回、この小野小町姫を踊らせていただきますので、お楽しみに!

さて後半は、黒主によって落命した宗貞の弟の恋人、実はこれが例の櫻の精だったのです。
愛しい恋人の敵と、女ながらに黒主との大立ち廻り。実際に錦絵(にしきえ)にもなっている名場面が沢山!!
大曲ではありますが、踊る錦絵、じっくりと江戸の歌舞伎舞踊の匂いをご堪能頂きたいですね。

イベント情報

日時
終了|2017/05/27(土)14:00〜
場所
国立劇場 大劇場
東京都千代田区隼町4-1
アクセス
■地下鉄をご利用の場合 半蔵門線 半蔵門駅 下車、1番出口から 徒歩 約5分 有楽町線/半蔵門線/南北線 永田町駅 下車、4番出口から 徒歩 約8分 ■バスをご利用の場合 都営バス 都03(晴海埠頭-四谷駅)  宿75(新宿駅西口-三宅坂) 三宅坂 下車 徒歩 約1分 ■お車をご利用の場合 駐車場有 終演まで  普通車 500円 バス  1200円
費用
1等A席 8,200円/1等B席 5,100円/2等席 3,100円/3等席 1,500円 学生 1等A席 5,700円/1等B席 3,600円/2等席 2,200円/3等席 1,100円

人気の記事

> 人気の記事

新着イベント

> イベント一覧

和ものびとでは、今後も日本の伝統文化・芸能の担い手から様々な情報をお届けします。更新情報はSNSで随時お届けしてまいりますので、日本文化がお好きな方、和ものについて興味をお持ちの方は、ぜひ下記よりフォロー・登録をお願いいたします。
また、周りの方への口コミでのご紹介も大歓迎です!
リンクフリーですので、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

  • Instagram