日本の伝統文化・芸能を担う和もの人自身が発信するWEBメディア
更新情報を受け取る メルマガ登録

日本舞踊のかつらが出来るまで〜「かつら合わせ」ってなあに?

日本舞踊の舞台を形作る重要な要素のひとつ、「かつら」

みなさんこんにちは、日本舞踊家の藤間翔央です。歌舞伎から始まった日本舞踊では、様々なストーリーに合わせて色々な身分、職業の登場人物を踊ります。なかには人間以外の犬やネズミ、はたまた“雷”なんて空想上の役もあったりして・・・

もちろん、その登場人物がどんな役でどのような性格を持っている人なのか、見ている人にわかりやすいよう、役に合わせた衣裳や化粧、そしてかつらまで、様々な工夫がこらされています。
どれも奥が深くて面白いのですが、今回は「かつら」についてご紹介しましょう。


実は毎回、◯ー◯ー◯◯◯です

日本舞踊の舞台に不可欠な「かつら」は、実は公演のたびに一人一人の頭の形に合わせて、オーダーメイドで作られます。はい、そうなんです、使用するのはわずか1回の舞台だけ。公演が終わると、そのかつらの役割は終わりなんです。
しかも、かつらはすべて手作り。作業は分業制になっており、金属の台座部分をつくる職人「かつら師」さんと、髪を結って櫛やかんざしで仕上げる職人「床山(とこやま)」さんがいます。

こう考えると、とっても手間がかかった贅沢なものですね!!!

かつら1
ということで、今回は、「かつら」が出来上がるまでの最初のステップ、「かつら合わせ」の様子をご紹介します。
「かつら合わせ」は、踊り手の頭に合わせて台座部分になる金属の型を作っていく作業です。

まずは、かつらの中におさまるように髪を羽二重(はぶたい)でまとめていきます。


なんとも手慣れた職人さんの技ですね!羽二重の白い部分には油が塗ってあり、頭に巻いてもすべってずれないようになっています。
続いて、踊り手の頭に合わせて、銅やアルミニウムの薄い金属板を加工していきます。
頭の丸みに合わせて、木槌や金槌で叩いて型を膨らませたり・・・

銅板を叩いて型を伸ばす
端を切り取って形を整えたり・・・

アルミニウム板を切る
ちなみに、この作業台は分解してバッグに入れて持ち運びができるようになっているんですよ。

分解できる作業台
意外と頭の形って人それぞれ。しかも左右で丸みが違ったり、まとめた髪の量でも形が違ってきます。 地道に、合わせては切り、合わせては直すところに印をつけて、また叩いて・・・を繰り返します。

直す部分に印をつけて
最後は、髪を結って仕上げる「床山」さんがかぶり具合を確認。OKがでたらやっと、STEP1.かつら合わせが終了です! ここから、かつら師さんによる髪の毛の取り付け、床山さんによる結いを経て、やっと1つのかつらが出来上がります。

仕上がりを確認する床山さん
はるか昔から受け継がれてきた職人技のほんの一部をご紹介しましたが、いかがでしたか。
今回の記事でご協力いただいた株式会社東京鴨治床山様のホームページでは、かつらが出来上がるまでの一連の流れや、床山よもやま話なども紹介されていますので、ぜひのぞいてみてくださいね!

また今後も日本舞踊の世界の面白さをご紹介していきたいと思いますが、もし「こんなこと知りたい!」「あれってどうなってるの?」というリクエストがありましたら、FacebookやTwitter、お問い合わせフォームからでも、ぜひお気軽におしらせください^^

この記事の著者

日本舞踊 藤間流 師範
藤間 翔央(ふじま しょうおう)

横浜出身の日本舞踊家。和ものびと発起人。
藤間流(勘右衛門派)師範
公益社団法人 日本舞踊協会会員
横浜雙葉中学・高等学校、早稲田大学文化構想学部卒
各流派合同新春舞踊大会 大会賞・奨励賞受賞

2歳より母・藤間恵都子師に師事。15歳で藤間流名取、21歳で藤間流師範となる。24歳より藤間藤太郎師に師事。
日本舞踊協会公演、日本舞踊協会神奈川県支部公演、アナザー・カンパニー新人公演等に出演。日本舞踊協会神奈川県支部主催のワークショップ、横浜雙葉学園の土曜講座、岩間市民プラザ主催のワークショップなどに積極的に参加。
8歳より囃子を望月朴清師に師事。10歳より長唄三味線を成田涼子師に師事。

大学在学時は、文芸創作を中心に演劇や民族舞踊について学び、卒業論文では日本舞踊をテーマとした自作の短編集を発表。大学卒業後、教育系のITベンチャー企業に就職。営業・マーケティングといった約2年の社会人経験を経て、日本舞踊の道に専念することを決意。webマーケティングの経験を生かし、2016年和ものびとを立ち上げる。

人気の記事

> 人気の記事

新着イベント

> イベント一覧

和ものびとでは、今後も日本の伝統文化・芸能の担い手から様々な情報をお届けします。更新情報はSNSで随時お届けしてまいりますので、日本文化がお好きな方、和ものについて興味をお持ちの方は、ぜひ下記よりフォロー・登録をお願いいたします。
また、周りの方への口コミでのご紹介も大歓迎です!
リンクフリーですので、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

  • Instagram