日本の伝統文化・芸能を担う和もの人自身が発信するWEBメディア
更新情報を受け取る メルマガ登録
終了|2017/06/15〜18(木〜日)15日・16日 14:30/18:30、17日 11:00/15:00/19:00、18日 13:00/17:00

【先着10名様ご招待!】日本舞踊新作公演「未来座 〜SAI〜」

Succession and Innovation――伝統をつなぎながら、“今”こそ輝き、“未来”へ光を放つ

みなさまこんにちは、日本舞踊家の藤間恵都子です。 今回出演する第一回「日本舞踊 未来座 =SAI=」は、全国の日本舞踊各流派の舞踊家で構成される公益社団法人”日本舞踊協会”が3年ぶりに開催する新作公演です。

=SAI=は、“succession and innovation”の頭文字。継承と革新―――伝統をつなぎながら、“今”こそ一番輝き、そして“未来”へと光を放つ公演でありたい、そんな願いを込め、歌舞伎俳優 市川染五郎として知られる松本錦升氏をはじめとしたパワー溢れる舞踊家たちが、水にまつわる四作品をお届けします!

チラシ1


絶え間ない水の流れと過去、現在、未来へと移ろう時の流れ

私は「女人角田(にょにんすみだ )~たゆたふ~」という作品に出演します。

この作品では、流れるような動きのなかで、隅田川の界隈を舞台にした新派や歌舞伎の名場面を一瞬ずつ再現。聞き慣れた長唄や清元などとは一味違って、哀愁を帯びた、懐かしさのある狸奏楽(りそうがく)に合わせ、川面に浮かぶ泡のように、見えては消え、消えては見える・・・・・不思議な感覚の作品です。

皆、芸者風の衣裳で、女の恰好をしながら男役も踊ってみせるのですが、リアルな男ではない、男っぽい雰囲気を醸し出す・・・というところが、ちょっと難しかったりするんですよ。

チラシ2
曲中にでる所縁の名場面は以下の通り・・・
■「明治一代女(めいじいちだいおんな)」 
花井お梅という実在の人物が起こした浜町河岸での殺人事件を脚色した作品。

■「隅田川(すみだがわ)」
人買いに我が子を奪われ狂乱した母の物語。「梅若伝説」を基にした、その子梅若丸の墓が今も隅田川沿いにあります。

■「吉原(よしわら)」 
歌舞伎 通称「籠釣瓶(かごつるべ)」の吉原仲ノ町 見染めの場。田舎者の男が、吉原随一の遊女・八つ橋のほほ笑みに一目惚れしてしまう。これが、この後の悲劇へと繋がり・・・。

■「三人吉三(さんにんきちざ)」
吉三という同じ名前をもつ盗人が顔合わせ〜大川の場。 

芝居好きの方には、ああ~あの場面ね、と分かって頂けるはずです。

「女人角田(にょにんすみだ )~たゆたふ~」の他にも、水の精が住む村にたどり着いた一人の男が〈永遠の愛〉を見つけるまでを描く「水ものがたり」、日本舞踊版のミュージカル「CATS」とも言えるような「当世うき夜猫」、日本舞踊ならではの肉体表現の面白さを追求した「擽-くすぐり-」など、魅力たっぷりの作品が上演されますので、お楽しみに!

チラシ3


先着10名様をご招待いたします!

また、今回は第一回めの旗揚げ公演ということで、是非お運び頂きたく!!
和ものびとからお申し込みいただいた方限定で、17日(土)15:00の回に3名様17日(土)19:00の回に3名様、18日(日)17:00の回に4名様3名様をご招待致します!
(※17日(土)15:00、19:00の回のご招待枠は定員に達したため、締め切らせていただきました)

 
お申し込みは先着順とさせていただきます。ご招待枠がなくなり次第締め切りとさせていただきますので、お早めにお申し込みください。

なお、他の回のお申し込みも承りますので、お気軽にお申し付けください。(ご招待枠ではございませんので、ご了承ください)
ぜひ、皆様のご来場をお待ちしております!

イベント情報

日時
終了|2017/06/15〜18(木〜日)15日・16日 14:30/18:30、17日 11:00/15:00/19:00、18日 13:00/17:00
場所
国立劇場小劇場
東京都千代田区隼町4-1
アクセス
■地下鉄をご利用の場合 半蔵門線 半蔵門駅 下車、1番出口から 徒歩 約5分 有楽町線/半蔵門線/南北線 永田町駅 下車、4番出口から 徒歩 約8分 ■バスをご利用の場合 都営バス 都03(晴海埠頭-四谷駅)  宿75(新宿駅西口-三宅坂) 三宅坂 下車 徒歩 約1分 ■お車をご利用の場合 駐車場有 終演まで  普通車 500円 バス  1200円
費用
全席指定 7,000円(税込) ※障害者割引 5,600円(税込) ※23歳以下割引 17日(土)11時の回が2,000円でご覧いただけます
備考
お申し込みの際は、必ずご希望の日時・時間をご指定ください。 ※17日(土)19:00の回・18日(日)17:00の回のご招待枠は定員に達したため、締め切らせていただきました。

人気の記事

> 人気の記事

新着イベント

> イベント一覧

和ものびとでは、今後も日本の伝統文化・芸能の担い手から様々な情報をお届けします。更新情報はSNSで随時お届けしてまいりますので、日本文化がお好きな方、和ものについて興味をお持ちの方は、ぜひ下記よりフォロー・登録をお願いいたします。
また、周りの方への口コミでのご紹介も大歓迎です!
リンクフリーですので、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

  • Instagram