日本の伝統文化・芸能を担う和もの人自身が発信するWEBメディア
更新情報を受け取る メルマガ登録

書道 墨象アーティスト
外林 省二(そとばやし しょうじ)

プロフィール

1954年、広島県福山市生まれ。
前衛書と墨象の戦後二大巨頭とされる宇野 雪村氏と榊 莫山氏に師事。 
日本最大の公募展「毎日書道展」の毎日賞や奎星会の奎星賞を初めとする多数の賞を受賞。 
実力を書道界で認められながらも、特定の組織には属さず「文字工房 省二庵」を立ち上げ、書道ディレクターとして活動。
書道パフォーマンスの先駆的な存在としても知られる。

現在は、榊 莫山から継承した「墨象(ぼくしょう)」や、本場中国にて腕を磨いた「対話形式による瞬間自在の作品制作」によって、多くのファンやコレクターを抱えている。


“対話が生むアート”、著名人とのコラボ制作……新しい表現への弛まぬ挑戦。

「バクザン先生」こと榊莫山作品を継承する

私が携わる“アートとしての書道”のことを、「墨象(ぼくしょう)」と言います。第二次大戦後に興り、昭和30年代以降に盛んになりました。

「墨象」では、書道の基本を踏まえた上で、「綺麗な字を書くこと」にこだわるのではなく、自由な形で文字を書きます。
絵や墨の跡、空間を使い、文字そのもので表現するのです。

私の場合、中国の古典的な書を基礎として、文字から受けるイメージを自由に膨らませ、書法に捕らわれることなく創作します。
文字だけではなく、絵やフレーズを合わせたり、墨と色を駆使したりして、鮮やかに表現します。
書は「読んで知るもの」ではなく、「見て感得する」ものだと考えるからです。

また、「書道界の風雲児」と呼ばれた榊 莫山先生より継承を許可された身として、継承作品の制作にも、意欲的に取り組んでいます。
ぜひ一度、作品を見にいらしていただければと思います。

店舗・稽古場情報

店舗・稽古場名
アートコレクションハウス株式会社
所在地
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-15-14 外神田ストークビル 5F
アクセス
東京メトロ銀座線「末広町」駅4番出口より徒歩2分
稽古日・営業日
12時~19時 ※火・水 定休日
メッセージ
常設の作品展示は行なっておりません。 作品の展示期間については、お問い合わせください。
お問い合わせ
TEL 03-5846-1971
URL
http://www.arch-club.net/common/artist/shoji/index.html

人気の記事

> 人気の記事

新着イベント

> イベント一覧

和ものびとでは、今後も日本の伝統文化・芸能の担い手から様々な情報をお届けします。更新情報はSNSで随時お届けしてまいりますので、日本文化がお好きな方、和ものについて興味をお持ちの方は、ぜひ下記よりフォロー・登録をお願いいたします。
また、周りの方への口コミでのご紹介も大歓迎です!
リンクフリーですので、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

  • Instagram