日本の伝統文化・芸能を担う和もの人自身が発信するWEBメディア
更新情報を受け取る メルマガ登録

ヴァイオリンの音で踊る日本舞踊 〜うぐいすと想い

始まりは、異国の地から届いたメッセージ

皆様、こんにちは。 日本舞踊家の藤間翔央です。
2019年7月、こんなメッセージが届きました。

「私は現在ウィーンでヴァイオリン留学しております。
クラシックを長く学んでいく中で、また日本を外から見たことにより、崇高で凛とした美しさのある日本の伝統文化を、海外の方にももっともっと知ってもらいたいと思うようになりました。
そこで西洋のヴァイオリンと日本の舞踊をコラボさせて日本や海外で公演をしたいと思い、ご連絡させて頂きました。」


海を越えてこのメッセージをくださったのは、ヴァイオリン奏者でウィーン留学中の今村恵理さん。1ヶ月後、ヴァイオリンのケースを抱え、ピンクのワンピースで稽古場にいらしてくださった今村さんの第一印象は、「物静か」でした。
品のある物腰にヴァイオリンがよく似合っていましたが、実際に演奏を聞かせていただくと、そののびやかで力強い音色に驚いたのを覚えています。

今村さん
さらに今回どんな思いでメッセージをくださったのか、なぜ日本文化に興味を持ち、どんなことをしていきたいのか、色々お話していくうちに、日本文化とのコラボレーションへの熱い想いが今村さんの印象を上書きし、「強い想いを持っている方だなあ」というイメージに変わっていきました。

今村さんのご紹介で箏奏者の生田流師範、大塚千栄子さんともご縁をいただき、出会いから約半年後に出来上がったのが、今回ご紹介する「うぐいす」と「想い」という作品です。
世界中の人にむけて、三人でヴァイオリン、箏、日本舞踊のそれぞれの良さをどのように表現したら良いか、色々話し合いながら練り上げました。

私が教えている日本舞踊は、江戸時代、出雲の阿国(おくに)の「かぶき踊り」を祖とする歌舞伎から生まれた踊りです。
舞台芸術として育まれてきた日本舞踊は、三味線や囃子の音色に合わせて上演され、人から人へと伝わるなかで磨き抜かれた演出方法と、着物や日本人の体型を美しく見せられる型を持ち合わせています。

古典作品では役柄に合わせた衣装やかつらを使用しますが、今回は海外からも評価が高い振袖を用いて、「うぐいす」では、「初春」「初恋」といったイメージを元に、初春に咲く梅の木を飛び回るウグイスの姿を、今村さん作曲の「想い」では、戦争に苦しむ人々への祈りや平和への願い、希望といった想いを表現しました。

お家で過ごす時間のお供に、ぜひ、お楽しみいただければ幸いです!


◆◇◆「うぐいす」◆◇◆


◆◇◆「想い」◆◇◆

この記事の著者

日本舞踊 藤間流 師範
藤間 翔央(ふじま しょうおう)

横浜出身の日本舞踊家。和ものびと発起人。
藤間流(勘右衛門派)師範
公益社団法人 日本舞踊協会会員
横浜雙葉中学・高等学校、早稲田大学文化構想学部卒
各流派合同新春舞踊大会 大会賞・会長賞受賞

2歳より母・藤間恵都子師に師事。15歳で藤間流名取、21歳で藤間流師範となる。24歳より藤間藤太郎師に師事。
日本舞踊協会公演、日本舞踊協会神奈川県支部公演、アナザー・カンパニー新人公演等に出演。日本舞踊協会神奈川県支部主催のワークショップ、横浜雙葉学園の土曜講座、岩間市民プラザ主催のワークショップなどに積極的に参加。

大学在学時は、文芸創作を中心に演劇や民族舞踊について学び、卒業論文では日本舞踊をテーマとした自作の短編集を発表。大学卒業後、教育系のITベンチャー企業に就職。営業・マーケティングといった約2年の社会人経験を経て、日本舞踊の道に専念することを決意。自身の教室「日舞っ子教室」で子どもたちを中心に指導を行いながら、webマーケティングの経験を生かし、2016年和ものびとを立ち上げ。
2020年5月、新型コロナウイルスの影響で出された緊急事態宣言に伴い、オンライン稽古を開始。

人気の記事

> 人気の記事

新着イベント

> イベント一覧

和ものびとでは、今後も日本の伝統文化・芸能の担い手から様々な情報をお届けします。更新情報はSNSで随時お届けしてまいりますので、日本文化がお好きな方、和ものについて興味をお持ちの方は、ぜひ下記よりフォロー・登録をお願いいたします。
また、周りの方への口コミでのご紹介も大歓迎です!
リンクフリーですので、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

  • Instagram