日本の伝統文化・芸能を担う和もの人自身が発信するWEBメディア
更新情報を受け取る メルマガ登録
終了|2017/07/07〜2017/08/06(金〜日)12:00/17:00

大地真央さん主演舞台「ふるあめりかに袖はぬらさじ」

邦楽も取り込んだ、魅力あふれる音楽劇

みなさま、こんにちは。長唄・長唄三味線の成田涼子です。
今回は、大地真央さん主演の舞台「ふるあめりかに袖はぬらさじ」のご紹介です!

7月から8月にかけて上演されるこの舞台で、邦楽の監修・指導をしております。
下記日程で、舞台上も出演しておりますので、ぜひ見にいらしてくださいませ!

成田涼子 出演日

・7/7(金) 12:00
・7/10(月)12:00/17:00
・7/11(火)12:00/17:00
・7/14(金)12:00/17:00
・7/15(土)12:00/17:00
・7/16(日)12:00
・7/17(月)12:00
・7/29(土)12:00/17:00

※出演日は急遽、変更になる場合があります

チラシ裏


露をだに いとふ倭の 女郎花 ふるあめりかに 袖はぬらさじ

音楽劇として蘇る、不朽の名作

時は幕末、港町横浜。
攘夷派による外国人排斥の機運が高まる中、遊郭・岩亀楼の芸者お園(大地真央)は、病気がちな花魁・亀遊を看病していた。

亀遊は通訳の藤吉と想い合っているが、お客として来たアメリカ人・イルウスに見初められてしまう。
だが、藤吉との恋が叶わぬことを儚んだ彼女は、自らの手でその命を絶った。

お園はこの悲劇的な話をお客に語って聞かせるようになるが、「異人の身請けを拒んで死んだ攘夷女郎・亀遊」と虚像がしだいに膨らんでいき−−。

チラシ中
有吉佐和子が杉村春子のために書き下ろした戯曲「ふるあめりかに袖はぬらさじ」は昭和47年の文学座初演から幾度も再演を重ねてきた名作です。
今回は大地真央と、第20回読売演劇大賞優秀演出家賞、第24回読売演劇大賞優秀演出家賞・作品賞を受賞した宝塚歌劇団気鋭の演出家・原田諒が音楽劇という形で上演いたします。
新たな構想で挑む意欲作に、どうぞご期待ください。(チラシより)

イベント情報

日時
終了|2017/07/07〜2017/08/06(金〜日)12:00/17:00
場所
明治座
東京都中央区日本橋浜町2丁目31番1号
アクセス
都営新宿線 浜町駅 A2番出口すぐ 都営浅草線 人形町駅 A3・A4番出口を出て、清洲橋通り方面へ徒歩7分 東京メトロ 日比谷線人形町駅 A1番出口を出て、清洲橋通り方面へ徒歩7分 東京メトロ 半蔵門線水天宮前駅 7番出口を出て、清洲橋通り方面へ徒歩10分 東京駅 八重洲口から、無料巡回バス「メトロリンク日本橋Eライン」のご利用が便利です
費用
S席 13,000円 A席 9,000円 B席 6,500円
備考
本公演のチケットお申し込みについては、明治座までお問い合わせください。

人気の記事

> 人気の記事

新着イベント

> イベント一覧

和ものびとでは、今後も日本の伝統文化・芸能の担い手から様々な情報をお届けします。更新情報はSNSで随時お届けしてまいりますので、日本文化がお好きな方、和ものについて興味をお持ちの方は、ぜひ下記よりフォロー・登録をお願いいたします。
また、周りの方への口コミでのご紹介も大歓迎です!
リンクフリーですので、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

  • Instagram