日本の伝統文化・芸能を担う和もの人自身が発信するWEBメディア
更新情報を受け取る メルマガ登録
終了|2016/11/23(水・祝)11:30〜20:00

桜木町に各流派の日本舞踊家が大集結!【神奈川県 名流邦舞祭】

第52回 神奈川県名流邦舞祭

こんにちは、藤間翔央です。今回は、私が出演させて頂く、公益社団法人 日本舞踊協会神奈川県支部主催「第52回 神奈川県 名流邦舞祭」のご案内です。

まず、日本舞踊協会とは、伝統芸能である「日本舞踊」の普及を通じて文化の発展に寄与することを目的とし、1955年に前身である社団法人が設立された公益社団法人です。現在、約120流派・約5,000名の日本舞踊家が所属し、全国に26の支部があります。
そして今回の「神奈川県 名流邦舞祭」は、日本舞踊協会の神奈川県支部が、年に一度主催する本公演です。

邦舞祭チラシ表
邦舞祭チラシ裏


〈見どころ1〉神奈川県中から各流派の舞踊家が大集結

泉流、岩井流、花月流、小寺流、橘流、七々扇流、西川流、花柳流、坂東流、藤間流、若柳流など、神奈川県の各地から日本舞踊協会に所属する各流派の日本舞踊家が集結。異なる流派の舞踊家が共演する演目が数多く上演されるのは、日本舞踊協会の公演ならではの魅力です。


〈見どころ2〉2年に一度の生演奏による本公演

「神奈川県 名流邦舞祭」は毎年開催されますが、生演奏による本公演は2年に一度。今年はその本公演の年にあたります。三味線や鳴り物の音色を肌で感じながら、伝統に触れるひと時を過ごしてみるのも素敵ですね。


〈見どころ3〉企画作品の数々〜六人立ちの「藤娘」〜

「名流邦舞祭」では、古典作品だけでなく、普段はあまり上演されない作品や、いつもとは少し趣向の異なる作品を「企画作品」として上演します。今回の企画作品は、六人立ちの「藤娘」(通常は1人で踊る作品です)をはじめとする3作品。
「藤娘」を踊るのは、私を含めた若手舞踊家6人で、色とりどりの衣装をまとった藤の花の精となり、華やかに、美しく舞う作品に仕上がっています。(ちなみに、私は水色の衣装で登場する予定です!)

この公演では多数の作品が上演されますが、1作品は約20分となっており、見たい作品だけ見たり、途中入場や途中退場することもできます。お子様連れでも安心してご覧いただけますので、ぜひお気軽に見にいらしてください!(私の出番は15時ごろを予定しております)
皆様のご来場、心よりお待ちしております。

イベント情報

日時
終了|2016/11/23(水・祝)11:30〜20:00
場所
神奈川県立青少年センター
横浜市西区紅葉ケ丘9番地の1
アクセス
■鉄道 ・JR根岸線「桜木町駅」下車、「北改札」(西口)から徒歩約8分 ・横浜市営地下鉄線「桜木町駅」下車、徒歩約10分 ・京浜急行線「日ノ出町駅」下車、徒歩約13分 ・みなとみらい線「みなとみらい駅」下車、徒歩約20分 ■バス 横浜駅東口から ・横浜市営バス(8、26、58、89、105系)ほか 「紅葉坂」下車、徒歩約4分 ・横浜市営バス(103系)で「戸部1丁目」下車、徒歩約2分
費用
入場料 6000円(自由席)
備考
※1作品の目安は約20分です
※ある作品だけの鑑賞、途中入場、途中退場可能です
※お子様連れでもご覧いただけます

人気の記事

> 人気の記事

新着イベント

> イベント一覧

和ものびとでは、今後も日本の伝統文化・芸能の担い手から様々な情報をお届けします。更新情報はSNSで随時お届けしてまいりますので、日本文化がお好きな方、和ものについて興味をお持ちの方は、ぜひ下記よりフォロー・登録をお願いいたします。
また、周りの方への口コミでのご紹介も大歓迎です!
リンクフリーですので、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

  • Instagram