日本の伝統文化・芸能を担う和もの人自身が発信するWEBメディア
更新情報を受け取る メルマガ登録
2020/04/05(日)午前の部 10:30開演/午後の部 13:30開演

4/5(日)京都寺院で楽しむ伝統芸能と茶席|in 栖賢寺

上方伝統文化芸能ユニットが開催する「伝統芸能で旅する京都」

皆様こんにちは!和ものびと発起人の藤間翔央です。
今回ご紹介するのは、関西で活動中の講談・落語・浪曲(ろうきょく)・文楽・能楽・茶道の若手による上方伝統文化芸能ユニット「霜乃会(そうのかい)」様よりご案内いただいた公演です。
分野の異なる20代~40代の和もの人が、お互いの芸能・文化を学び合いつつ、より広範な形で日本の伝統文化をアピールしていくことを目指されている霜乃会様には、ただいま自己紹介ページも作成していただいておりますので、そちらもぜひお楽しみに!

寺院で楽しむ伝統芸能と茶席

和ものびとをご覧の皆様、初めまして、上方伝統文化芸能ユニット「霜乃会(そうのかい)」と申します。 このたび、京都の寺院で京都を舞台にした能楽・浪曲・講談・落語と茶席を楽しんでいただく催し「伝統芸能で旅する京都」を開催いたします!

公演内容

■4/4(土) 相国寺養源院(しょうこくじようげんいん)にて
・清水寺を舞台にした能楽「田村」
・五条大橋を舞台にした浪曲「弁慶五条の橋」
・茶道体験

■4/5(日) 栖賢寺(せいけんじ)にて
・金閣寺を舞台にした講談「一休禅師」
・伏見を舞台にした落語「三十石」
・茶道体験

●午前の部:10時半〜12時(10時開場) 定員40名(前売りのみ)
●午後の部:13時半〜15時(13時開場) 定員40名(前売りのみ)

※午前・午後は同一内容、どちらか一日の参加も可能
※和ものびとでは日程によってお申し込みページが異なります。ご注意ください。
4/4の公演ページはこちら>>


由緒ある寺院の静謐な空間で、平安時代から語り継がれてきた京都の物語を鑑賞し、京都で大切に育まれてきた茶道を体験する・・・
こんな、まるでタイムトラベルのようなひと時を過ごしてみませんか。

チラシ裏

イベント情報

日時
2020/04/05(日)午前の部 10:30開演/午後の部 13:30開演
場所
栖賢寺
京都市左京区上高野水車町 20
アクセス
叡山電鉄叡山本線「三宅八幡」徒歩 10 分
費用
一日のみ 6000円(午前・午後は同一内容)
両日参加 10000円
備考
霜乃会事務局にて、団体予約・貸切公演・他日程での開催などのお問い合わせも対応しております。
tel.070-2635-6644
info@sohnokai.com

■栖賢寺
栖賢寺は、南北朝時代の康永年間、尼崎大物の地に臨済宗大徳寺派の寺院として、大徳寺74世竺堂円瞿(じくどうえんく)禅師によって開山される。本能寺の変の後、明智光秀勢の待ち伏せにあった秀吉が、剃髪し僧形になって栖賢寺に身を隠し難を逃れた逸話が『絵本太閤記』に残っている。近代に入り荒廃していたが、実業家で数寄者であった山口玄洞氏の寄進により、臨済宗方広寺派元管長、間宮英宗老師を昭和の中興開山として、昭和7年、京都市左京区上高野の現在地に移転再建される。1000 坪の境内地の中に庭園、観音堂、鐘楼、鳳凰閣、茶室、本堂などの伽藍を持つ。

■霜乃会(そうのかい)
霜乃会の名称の由来:霜とは空気中に漂う水蒸気が昇華し、結晶化したもの。上方の幾層にも重なる伝統文化・伝統芸能が手を相携え、影響を与え合い、昇華することにより結晶化し、新しい時代を創っていきたいという思いから。霜・層・相・創(そう)。

今回は霜乃会メンバーより今村哲朗(能楽)・林本大(能楽)・京山幸太(浪曲)・松井宗豊(茶道)・旭堂南龍(講談)・桂紋四郎(落語)が出演。

人気の記事

> 人気の記事

新着イベント

> イベント一覧

和ものびとでは、今後も日本の伝統文化・芸能の担い手から様々な情報をお届けします。更新情報はSNSで随時お届けしてまいりますので、日本文化がお好きな方、和ものについて興味をお持ちの方は、ぜひ下記よりフォロー・登録をお願いいたします。
また、周りの方への口コミでのご紹介も大歓迎です!
リンクフリーですので、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

  • Instagram