日本の伝統文化・芸能を担う和もの人自身が発信するWEBメディア
更新情報を受け取る メルマガ登録
終了|2016/12/28(水)24:00締め切り

舞台があなたを呼んでいる!2017年11月、国立劇場で舞うあなたを募集します

憧れていたけれど、触れることはないと思っていたもの・・・

皆様、初めまして。地唄舞普及協会の花崎杜季女(はなさきときじょ)でございます。
この度、地唄舞や舞台で踊る姿に憧れを持ってはいるし、素敵だなあとは思うけれど、全く踊りもやったことがないし、経済的にも不安がある・・・という方のために、舞台に立つためのハードルを下げ、本物の舞台を体験していただける企画を実施いたします!

舞台姿1


日本の美に浸り、新たな自分を見つけて下さい

日本の女性の繊細な動きを凝縮した地唄舞は、普段の生活でも姿勢や所作を美しく、女性らしくしてくれます。外見を整えるエステにお金をかけるも良しですが、精神や、姿勢を根本的に支える内筋を鍛えることに投資することも、美への道ではないでしょうか。

舞の所作の美、白塗りの美、日本髪の美、着付けの美、日本音楽の美−−
本物の美をまとい、舞台でスポットライトを浴びるとき、貴女も新しい自分を見つけられるはずです。

舞台姿2


「本物」の舞台へお連れします

しかも今回は、あの東京 半蔵門・国立劇場の舞台で舞うことができる貴重な機会です。もちろん、本番前のお稽古や、舞台に立つために必要なことは、最初の一歩から丁寧にお教えします。
お稽古のためにご用意いただくのも、浴衣一式と足袋だけで大丈夫ですので、初心者の方も、どうぞご安心ください。

そして当日は、今の日本で選びうる最高のスタッフ、大沢かつら、小林衣裳、顔師神田光修氏に助けていただきます。

憧れの姿で国立劇場の舞台に立つ時、自分の中で何か輝くものが見つかるはずです。
憧れていたもの、触れることはないと思っていたもの・・・
「本物の美の世界」、ぜひ体験してみてください。

チラシ裏

イベント情報

日時
終了|2016/12/28(水)24:00締め切り
場所
国立劇場小劇場
東京都千代田区隼町4-1
アクセス
■地下鉄をご利用の場合 ・半蔵門線 半蔵門駅 下車:1番出口から徒歩約5分 ・有楽町線/半蔵門線/南北線 永田町駅 下車:4番出口から徒歩約8分 ■バスをご利用の場合 ・都営バス 都03(晴海埠頭-四谷駅)/宿75(新宿駅西口-三宅坂) 三宅坂 下車:徒歩約1分 ■お車をご利用の場合 駐車場 終演まで  普通車 500円・バス 1200円
費用
30万円(1月と10月に分けてのご請求になります) ※含まれるもの:本番前お稽古(月2回、1月〜10月)、本番の衣裳、美粧、舞台、地方(演奏)など一式 ※最低催行人数:6名
備考
参加者が催行人数に達しました場合は、2017年1月7日(土)の午後に、説明会を開きます。

人気の記事

> 人気の記事

新着イベント

> イベント一覧

和ものびとでは、今後も日本の伝統文化・芸能の担い手から様々な情報をお届けします。更新情報はSNSで随時お届けしてまいりますので、日本文化がお好きな方、和ものについて興味をお持ちの方は、ぜひ下記よりフォロー・登録をお願いいたします。
また、周りの方への口コミでのご紹介も大歓迎です!
リンクフリーですので、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

  • Instagram